場所に残る『念』

テレビで良くある霊能者による犯罪捜査。失踪した方の遺留物で人の念を読み取ったりしますが、場所にも念が残ります。 鍵を預けている大家さんや、ホテルの掃除担当の人に悪意があったならば、部屋に入る時になんだか嫌な『念』がそこに残っているはず。

LGBTという性について

LGBTという区分というか細分化は、あの世に行けば全く必要ないのです。 死んであの世に行ってしまえば、『魂』という『光』の存在でしかありません。 男も女も区別などないのです。 LGBTとして生まれてきた方々、どうぞ自信を持って生きてください。

逮捕の危険性

先月知人男性とランチをしたのだが、なんだか警察のイメージが頭から離れない。 『逮捕』と言う文字が何度も点滅して見える。 とても気のいい人でそんなに悪いことをしているような男性では無さそうなのだが、 なんで『逮捕』なんだろう?と考えていると……

亡くなった猫との通信

突然来なくなってしまった野良猫。さぞかしご心配だったのでしょうか、猫についてのご相談が来ました。でも想いは通じます。ちゃんと猫の天国から亡くなった猫からのメッセージが届きました。楽しかった思い出は永遠に残っています。お母さんにも猫ちゃんにも……。

不倫のご相談

ちょっとした遊び心で起こした不倫。ちょっとだけ浮気しただけ。 そんな気持ちでも周りの人の心をズタズタにしてしまいます。 不倫や浮気にはそれ相応の収め方が必要となります。 貴方が思う以上に不倫の代償は重いのです。

赤ちゃんにインタビュー

意識を集中すれば、0歳児とも会話が出来ます。 大好きなジュース、おいしかった離乳食、食べたいもの、好きな人、嫌いな人とその訳は……。 赤ちゃんインタビューで、0歳児が泣き叫ぶ訳が判明しました。

占星術とノストラダムスと聖書2

ローマとバチカンの滅亡から、最終戦争までの道のりが、ノストラダムスと聖書の中に見えてきました。 あちこちの終末預言の書が、一つに繋がっていきます。これも荒唐無稽なSFフィクションとして読んでくださいね。

占星術とノストラダムスと聖書1

ノストラダムスを占星術で解釈して、バチカンの公開文書と照らし合わせ、アラブ情勢をもう一度整理してノストラダムスと付き合わせてみると、アラブ連合軍の行く先が見えてきました。 でも、骨董無形なSFフィクションだと思って読んでくださいね。

自分の未来は解りません

どんな霊能者であっても自分の未来は見えません。 何もかも見えてしまえば、楽な人生だけを選択してしまい、何の修行にもならないからです。 でも、迫り来る危機を感じることは出来ます。心の中で自分の未来に問いかけてください。備えるべき事はあるか?と